2017年06月01日

印刷用のレシピその2

2017/5/27にビーフストロガノフと付け合せのピラフを作り、レシピを少し整理したので、こちらに置きます。

ビーフストロガノフ三題.docx
ナッツとレーズンのピラフ.docx
posted by Nori at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

印刷用のレシピ(写真なし)

よく作る料理のレシピを、調理するときに使いやすいように一枚にまとめました。
汚れたら気がねなく捨てられるよう、写真も入れていません。

ペリメニ.docx
ブリヌィ.docx
スメタナ.docx
ミモザサラダ.docx
ボルシチ.docx
posted by Nori at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

【番外編】Японская кухня

ロシアで入手した日本料理の本です。どちらも、ハバロフスクの小さな本屋さんで買ったものだと思います。

maggi表紙_20.jpg maggi奥付.gif

2004年の出版です。30ページほどで、表紙以外にはお料理写真もほとんどない、地味な本です。書いてある通りに作ってみて「日本料理」ができるかどうか、とても興味があるのですが、まだ試したことはありません・・。

21世紀表紙_20.jpg 21世紀奥付_tr.jpg

こちらは2002年の出版。ハードカバーでカラー写真満載、豪華な本なのですが、「こんな日本料理あったかしら」と思うものが多いです。凝った割烹の創作料理、と言われれば納得しなくもないですが・・ロシアの方におすすめできるレシピはなさそうに思います。
posted by Nori at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭で作れるロシア料理

5124A3PEPAL._SL500_AA300_.jpg

一番よく使う本を挙げていませんでした。今日本で買えるロシア料理の本の中では決定版と言ってよいものだと思います。いろいろ作ってみましたが、どれもほとんど失敗なく、おいしくできます。ロシアの食をめぐるエッセイも読み応えがあります。
posted by Nori at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

入江麻木さんのロシア料理

料理研究家の入江麻木さんという方は、ロシア人と結婚し、そのお母様からロシア料理を習ったようです。何冊か本も出されているものの、残念ながら入手困難らしいですが、手元にある「NHKきょうの料理」のバックナンバーの中に、ロシアにルーツがあると思われる料理がいくつかありました。

summerborsh.jpg
夏のボルシチ(昭和57年7月号)

鶏のささ身と野菜でブイヨンを作り、セロリやじゃがいも、いんげんなどを具にして少し煮て冷やしたスープで、透明でとても涼しげです。ビーツを入れないスープを「ボルシチ」と呼んでいる例でもあります。

salmonpie.jpg
サーモンパイ(昭和58年12月号)

昔、何度も作りました。手間はかかりますが、いつもとても好評でした。最近になってから、あの料理は鮭のピローグのアレンジだったのでは、と思い至りました。日本ではパン生地よりもパイ生地のほうが受け入れられるであろうということで、変えたのではないでしょうか。レシピを見ていたら久しぶりに作りたくなりました。こんどはぜひ、パン生地で。

nutscake.jpg
ナッツケーキ(昭和58年12月号)

上のパイと一緒に紹介されていました。「毎年、必ず焼き上げるナッツケーキは、嫁いだ家で教わったもの。(中略)このナッツケーキのできがよければ、来年という年も、変わりなく無事に過ごせるという言い伝えがある(後略)」と記されていましたので、やはりロシアのレシピなのだと思います。これは試したことがないのですが、今度作ってみようと思います。
posted by Nori at 09:45| Comment(1) | TrackBack(1) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

ロシア料理・レシピとしきたり

recipetosikitari_s.jpg

荒木瑩子 ユーラシア・ブックレットNo.8 東洋書店 2000年

定価600円と、ロシア料理の資料としてはもっとも安価なものでしょう。全部で64ページ、カラー写真もありませんが、代表的なロシア料理のレシピだけでなく、ロシアの食文化に関する解説も豊富で役に立ちます。
posted by Nori at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア料理

liakhovskaya.jpg

2000年 サンクト・ペテルブルグ、美術出版社 L.Liakhovskaya

ロシアで「日本語版」として売られていたものを買いました。英語版・フランス語版など、9ヶ国語で出版されているようです。内容は、レストラン「パドヴォーリエ」の協力でレシピを紹介する、という趣旨のようで、本格的な、本場のロシア料理が多数収録され、写真も多くて楽しいですが、日本の家庭の台所で再現できるか?ということになると、残念ながら難しいものが多いです。その中で、「ビーツとプルーンとりんごのサラダ」は、作ってみて気に入ったレシピです。また、ビーツは茹でるより焼くほうがおいしい、ということを教えてくれたのもこの本です。
posted by Nori at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

ロシア料理 豊かな大地の家庭の味

oginokyoko01.jpg

荻野恭子著 東洋書店 2004年
お値段は多少高めですが(1800円)、本格的なロシア料理の本で、ロシアのダーチャや年中行事の紹介のほか、食材語彙集まであって、ロシア語の勉強にもかなり役立ちます。あえて難点をあげるとすれば料理名で、少し訳しすぎのところがあるように思います。こちらのほうが良いのでは?と思う名前を【】に入れて示してみました。

載っている料理:
ニシンのマリネ
そばのカーシャ
発酵キャベツ
キノコの塩漬け
キュウリの塩漬け
魚のマリネ
肉のゼリー寄せ
グラタン
金時豆の冷製
ハムとジャガイモの卵焼き
ジャガイモサラダ【首都のサラダ】
ビーツ入り野菜サラダ【ヴィネグレット】
ニンジンサラダ
キャベツサラダ
ライスサラダ
コンブサラダ
ライ麦パン
ロシア風大型パン【ピローグ】
ロシアのクレープ【ブリヌィ】
ピロシキ
キャベツのスープ【シチー】
肉とピクルスのスープ【ソリャンカ】
ボルシチ
魚のスープ【ウハー】
スープヌードル
クヴァースの野菜入り夏のスープ【オクローシカ】
シベリア風水餃子【ペリメニ】
キノコのつぼ焼き
牛肉のサワークリーム煮【ビーフストロガノフ】
カツレツ
ロシアのロールキャベツ
ロシアのハンバーグ
肉とジャガイモの蒸し焼き
ロシア風ステーキ
マッシュポテトとレバートマトソース
肉と野菜の重ねオーブン焼き
イカとサケの炒め揚げ
チーズ焼き菓子
リンゴのケーキ
ロシアのくず寄せデザート&飲み物【キセリ】
アイスクリーム
焼きリンゴ
レモンタルト
復活祭のお菓子【クリーチ】
ロールケーキ
レアチーズケーキ【パスハ】
カテージチーズのサワークリーム添え
ロシアの夏の発泡性果実飲料【クワス】
果実の水煮【コンポート】
ロシア紅茶
果実の砂糖煮の飲み物
posted by Nori at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

世界の食べもの ロシア1

asahihyakka.jpg

「週刊朝日百科 世界の食べもの36 ロシア1 大ロシア、バルト」 昭和56年8月16日号
週に一度発行されていた全140冊のうちの一分冊で、32ページ。レシピはなく、料理と食材、市場やレストランの風景などが写真入りで紹介されています。食文化の記事は今読んでも興味深いものですが、地図のページの国境線の引き方には時代を感じます。ちなみに、「ロシア2」はウクライナ、グルジア、アルメニアなどが登場するようですが、残念ながら入手できませんでした。
posted by Nori at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア料理

nagayamiyo.jpg

長屋美代著 佼成出版社 昭和52年

私が入手した時点(20年前?)ですでに絶版だった本。古本市のようなところで買いました。著者は、渋谷の有名なロシア料理店「ロゴスキー」の料理長だったそうで、「日本の食材でロシア料理を作る」ということに関して、草分け的な存在かもしれません。写真が少し古めかしいことも、「ペリメニ」と呼ばずに「シベリア風ゆで小まんじゅう」と記されていることも、いい味を出しています。
posted by Nori at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうはロシア料理

kyoharosiaryori.jpg

加藤美由紀著 1994年、文化出版局
ロシア料理に興味を持ったら、最初にこの本を買うと良いと思います。さまざまな料理が紹介されているうえ、作りやすいものばかりです。

載っている料理(☆は作ってみて気に入ったもの):
キャビアとブリニ
そばの実ピラフ
なすキャビアとタラモ
サワークリームブレッド
マッシュルームキャビアとスモークトサーモンボール
チーズパンケーキ
モーニングチーズオムレツ
ピロシキ
きのことシーフードのつぼ焼き
そら豆ピラフ
羊飼いのパイ☆
ペルメニ☆
ボルシチ☆
ベジタブルロールピロシキ☆
ソリャンカ
グルジア風チーズブレッド
なすのスタッフ3種
スチームサーモンのグリーンソース
ビーツサラダ
イワン雷帝の魚料理
ほうれん草ヨーグルトサラダ
サーモンコロッケ
ロシアサラダ
フィッシュソーセージグリル
ロシア風コールスロー
にじますのマスタードソース
ピョートル大帝のステーキ
ロシア風フルーツミックス☆
ビーフストロガノフ
ロシア風ペストリー
シャスリック
クリミア地方のアーモンドケーキ☆
ロシア風チキンカツレツ
アップルプディングレモンソース
チキンくるみソース
ハニーウオツカとロシア風クッキー
チキンキエフ
ロシア風チーズケーキ☆
ロシア風ロールキャベツ
さくらんぼのバレニキ

この本については、以下のページも参考にしてください。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%AF%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%96%99%E7%90%86-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E7%BE%8E%E7%94%B1%E7%B4%80/dp/4579204778
posted by Nori at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする