2010年03月18日

винегрет(ビーツのサラダ)

vinegret.jpg
ロシアサラダの定番!のはずなのに、これまで作ったことがなかったвинегретを、初めて作ってみました。荻野恭子さんの「ロシア料理 豊かな大地の家庭の味」に基づいています。

材料
じゃがいも 小3個
にんじん 小1本
きゅうりのピクルス 1本
玉ねぎ 1/2個
ビーツ 1個
グリーンピース(冷凍) 30g
サラミ 100g
ゆで卵 1個

ドレッシング
 酢 大さじ2
 塩 小さじ1
 砂糖 小さじ1
 こしょう 少々
 オリーブオイル 大さじ4

作り方
1.ビーツは皮ごと40〜60分間ゆでる。竹串がすっと通ればよい。少し冷まして皮をむき、1cm角に切る。
2.じゃがいもも皮ごとゆで、皮をむいて1cm角に切る。
3.にんじんは1cm角に切ってからゆでる。グリーンピースもゆでておく。
4.玉ねぎはみじん切りにする。きゅうりのピクルスとサラミは1cm角に切る。ゆで卵は粗みじんに切る。
5.大き目のボウルにドレッシングを作り、ゆで卵以外の材料を入れてよく混ぜる。
6.器に盛ってゆで卵を上に飾る。

このサラダは作りたてよりも二日目のほうがおいしいとのことだったので、前夜に作っておきました。作りやすくて、華やかで、とても気に入りました。我が家でも「定番」になりそうです。
posted by Nori at 20:46| Comment(4) | TrackBack(0) | закуска | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ビーツのサラダって、

すごく美味しいですよね。

彩りも春にぴったり☆


私も、手作りのロシア料理が

いちばん大好きです♪



Posted by alicia at 2010年04月30日 15:16
aliciaさん、いらっしゃいませ。
ちょうど昨日もこのサラダを作ったところです。
確かに、春!という色合いですね。
ただ、生のビーツの代わりに缶詰を使ったら、少し物足りなかったので、次からは必ず生を使おうと思います。
Posted by Nori at 2010年04月30日 17:03
ロシア人の留学生に夕食を招待されたときの献立の1つでした。家でも早速つくりました。たくさんつくって3日間ぐらい食べ続けましたが、飽きることはありません。ウクライナ人の友人にも食べてもらいました。ウクライナでは季節の食材を色々入れるそうです。昨年は生のビーツがなかなか手に入らず、今種から育てています。careの仕方を捜していてこのブログにヒットしました。ビーツの育て方はご存じありませんか。新潟市在住です。
Posted by ichijiku at 2010年05月27日 16:28
ichijikuさん、いらっしゃいませ。
ビーツは、少なくとも新潟でしたら、特別なことをしなくても育つようです。私はベランダで、あまり大きくないプランターを使い、しかも間引きを怠ったために、ピンポン玉くらいのものが多数できる、という結果に終わりましたが、地植えだったり、適切な間隔に間引いたりした場合は、立派なビーツが収穫できたと聞きました。

若芽さんのブログから関連記事のリンクを(勝手に)貼ります。
http://mintgreen.blog.shinobi.jp/Entry/325/
Posted by Nori at 2010年05月27日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック