2008年07月11日

入江麻木さんのロシア料理

料理研究家の入江麻木さんという方は、ロシア人と結婚し、そのお母様からロシア料理を習ったようです。何冊か本も出されているものの、残念ながら入手困難らしいですが、手元にある「NHKきょうの料理」のバックナンバーの中に、ロシアにルーツがあると思われる料理がいくつかありました。

summerborsh.jpg
夏のボルシチ(昭和57年7月号)

鶏のささ身と野菜でブイヨンを作り、セロリやじゃがいも、いんげんなどを具にして少し煮て冷やしたスープで、透明でとても涼しげです。ビーツを入れないスープを「ボルシチ」と呼んでいる例でもあります。

salmonpie.jpg
サーモンパイ(昭和58年12月号)

昔、何度も作りました。手間はかかりますが、いつもとても好評でした。最近になってから、あの料理は鮭のピローグのアレンジだったのでは、と思い至りました。日本ではパン生地よりもパイ生地のほうが受け入れられるであろうということで、変えたのではないでしょうか。レシピを見ていたら久しぶりに作りたくなりました。こんどはぜひ、パン生地で。

nutscake.jpg
ナッツケーキ(昭和58年12月号)

上のパイと一緒に紹介されていました。「毎年、必ず焼き上げるナッツケーキは、嫁いだ家で教わったもの。(中略)このナッツケーキのできがよければ、来年という年も、変わりなく無事に過ごせるという言い伝えがある(後略)」と記されていましたので、やはりロシアのレシピなのだと思います。これは試したことがないのですが、今度作ってみようと思います。
posted by Nori at 09:45| Comment(1) | TrackBack(1) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入江麻木さんの本は入手困難みたいですね。
でもでも図書館に何冊か置いてありましたよ。
ちょっと探してみてはどうでしょうか?
私も図書館で借りて読んでみようと思っています。
Posted by oishiitabishiyo at 2008年07月16日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

小澤征爾さん復帰
Excerpt:  指揮者の小澤征爾さんが復帰されましたが、夫人のヴェラさんは亡命ロシア貴族のお父様と日本人で料理研究家のお母様入江麻木さんとのハーフなのです。 入江麻木さんは1942年に19歳で、ロシアから大連に亡..
Weblog: magnoria
Tracked: 2010-12-16 11:06