2008年07月05日

ピロシキ

「家庭で作れるロシア料理」のレシピで、ピロシキを作ってみました。

ピロシキは、「きょうはロシア料理」のレシピで作ると大失敗します。(水分が多すぎるようで、とても柔らかく、具を包む、という作業がまったくできません。何度か試みてもダメなので、レシピに問題があるのだと思いますが、もしかしたら数字に誤植があるのかもしれません。)ベターホームのパンの本のレシピだと失敗がないので、もっぱらそれで作っていました。今回、久しぶりに新しい作り方に挑戦したわけですが、発酵の手順はシンプルで、包むときにも扱いやすく、焼きあがりもふっくらとおいしい生地で、とても良いレシピだと思いました。

TECTO01.JPG
こねあがった生地。発酵前

TECTO02.JPG
発酵後。今日は暑かったので、室温(29℃)で発酵できてしまいました

生地はまったく本の通りに作りましたが、中身はひと工夫してみました。

nachinki.JPG
左側は本のレシピに従って作ったもの(牛ひき肉と玉ねぎ)。右側はサケとお米です

サケとお米(8個分)
甘塩のサケ 正味120g
米 大さじ3
玉ねぎ 1/4個

1.サケは塩加減を見て、足りなければ塩をふり、こしょうをふる
2.フライパンに少量のバターを熱し、サケを焼く。表面が焼けたら火を弱めにして蓋をし、中まで火を通す。冷めたら皮と骨を除いてほぐす
3.玉ねぎはみじん切りにしてサラダ油少々で炒める
4.米は沸騰したお湯に入れて芯がなくなるまでゆで、ざるにあげる
5.サケと玉ねぎ、米を合わせて、塩・こしょうで調味する

まずまずだと思いますが、サケを180gくらいに増やし、米を大さじ2に減らしてもいいかもしれません。

piroshki02.JPG

焼き上がり。本では200℃で10〜12分、となっていましたが、焼き色が十分につかなかったので、180℃に落としてさらに5分焼きました。
手前側の、両端がとがった形のものがサケ、奥の丸いものがひき肉です。

posted by Nori at 19:41| Comment(0) | TrackBack(1) | выпечка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102218365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

不思議動画
Excerpt: ネギピローグ・・・? http://video.mail.ru/mail/mtpna/wwwtalerkaru/18.html
Weblog: みるみるっ! 
Tracked: 2009-03-21 22:49