2008年06月25日

シューバ Селёдка под шубой

shuba01.JPG

少し前にハバロフスクへ留学した人から聞いて、とても気になっていた料理です。作ってみたくていろいろ資料を探してみたのですが、使えそうなレシピに出会えずにいました。最近入手した「家庭で作れるロシア料理」に載っているのを見つけて、さっそく挑戦しました。

このサラダには「にしんの塩漬け」を使うことになっています。料理名から言っても(毛皮のコートを着た(!)にしん)これが主役です。「家庭で作れるロシア料理」では、にしんの塩漬けの作り方も丁寧に説明されているのですが、残念ながら生のにしんが買える季節は限られています。魚屋さんに、何を代わりに使ったらいいでしょう、と相談してみましたら、イワシかアジじゃないですか、とのことでしたので、今回はアジで作ってみました。

shuba02.JPG

アジの塩漬け
お刺身用のアジを三枚におろします。
(中くらいの大きさでしたので2匹使いました。)
砂糖・塩各大さじ1/2をまぶしてラップで覆い、しばらく室温においたあと冷蔵庫に入れて一晩おきます。

シューバ(直径18cmの型1個分)
アジの塩漬け 中2匹分
ビーツ 200g
じゃがいも 2個
玉ねぎ 1/4個

マヨネーズ 1/2カップ
スメタナ 大さじ2
砂糖、塩、こしょう適宜
酢、油 各大さじ1
ゆで卵 1個

1.ビーツは生なら丸ごと1時間ゆでる。焼いたりゆでたりして酢漬けにしてあるものや缶詰の場合はそのまま使う
2.じゃがいもは丸ごとゆでて、皮をむいて粗みじんに切る
3.玉ねぎはみじん切り、アジの塩漬けも粗みじんに切る
4.マヨネーズ、スメタナ、砂糖、塩、こしょうをよく混ぜる
5.じゃがいもに4.の半量を入れてよく混ぜ、塩こしょうで味を調える
6.玉ねぎ、アジの塩漬けに4.の残りの半量を入れて混ぜる
7.ビーツを粗みじんに切り、塩、砂糖各小さじ1、こしょう少々、酢、油で調味する
8.底の抜ける型に5, 6, 7の順番で詰め、型を抜き取る
9.ゆで卵をみじん切りにして飾る

shuba03.JPG
スポンジケーキの型に5を詰めたところ

shuba04.JPG
6を詰めたところ

色鮮やかで目にも楽しく、食べてもおいしいサラダでした。ただ、最後に型から抜くところでかなり苦労しました。底の抜けないタイプの型に、逆の順番で詰めて、最後にひっくり返すほうがよいような気もしました。次に作るときはそれでやってみようと思います。
posted by Nori at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | закуска | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101472223

この記事へのトラックバック