2016年03月26日

シャルロットカ

DSC_0598_tr_50.JPG

かなり前から興味があって、ことし2月に、集中講義「日露交流史」の先生を囲むお茶会のために作ってみたのですが、その時は、自分では60点くらいの出来で(食べてくださった方、ごめんなさい)、再挑戦したいと思っていました。
本日、第三回「ロシアの日」を開催することができたので、次のように作ってみました。少し焦がしてしまったのと、バニラビーンズを入れすぎてしまったので、評価としては80点くらいでしょうか。味は満足できました。なお、基にしたレシピは荻野 恭子さんの「ロシアのパンとお菓子」ですが、材料や手順を少し変えています。

材料(15cm丸型一個分)
中身
りんご 2個
バター 大さじ2
砂糖 大さじ2
生地
薄力粉(ふるう) 100g
卵(室温に戻す) 3個
砂糖 100g
バニラビーンズ 少々(3cmくらい)
溶かしバター 20g
コーンスターチ 大さじ1
粉砂糖、シナモンパウダー 適量

作り方
1.りんごは4〜6等分して皮と芯を除き、1cm弱の厚さの小口切りにする
2.フライパンにバターを熱し、りんごと砂糖を加える。よくまぶしてから強火にし、水気がなくなり少しカラメル状になるまで手早く加熱して火を止め、冷ます
3.ボウルに卵を溶き、砂糖を加えて湯せんにかけ、ハンドミキサーでしっかり泡立てる
4.バニラビーンズ、薄力粉、溶かしバターを加えて混ぜ合わせる
5.型にCの1/3量を流し入れ、りんごを並べ、コーンスターチを茶こしに入れて振る。残りの生地を流し入れ、表面をならす
6.180℃に熱したオーブンの下段で30分焼き、焦げそうだったら上にアルミ箔をかけながら、160℃にしてさらに20分焼く。竹串を刺して何も付いてこなくなれば焼き上がり。完全に冷めてから粉砂糖とシナモンパウダーを振る

本には、型もアルミ箔で作ると書かれていましたが、紙のケーキ型を使うほうが手軽です。(もちろん、サイズの合うものを持っていたら、金属でも耐熱ガラスでも良いと思います。)
りんごを炒めるときの砂糖はもう少し増やしたほうが、カラメル風味が強くなっていいかもしれません。次回は大さじ3くらいでやってみます。
posted by Nori at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | третье/おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする