2013年08月15日

サラファンとルバシカ

「ロシア料理」ブログの記事としてはちょっと無理があるのですが、「衣裳」もしくは「民芸品」というブログを新たに作るまでもないので、ここに入れてしまいます。

20年ほど前に、短大の学生に着てもらいたくて、サラファンを作りました。ほぼ同時期に、モスクワの民芸品店でサラファンとルバシカのセットを買うことができ(15,000円くらいでした)、そのお店にあった民族衣装風のルバシカも買って(6,000円くらいだったような)、これを自作のサラファンに合わせていました。
DSCF0075_tr20.JPG
自作サラファンとモスクワのルバシカ。新潟市主催行事の「ロシアの日」には、国際交流員のヴィータさんも着てくれました


卒業式や、学内外のロシア関係のイベント(スピーチコンテストなど)、学園祭、オープンキャンパスなど、いろいろな場面で活躍してくれてきたのですが、さすがに20年という年月は争えず、特にルバシカに傷みが目立ってきました。サラファンはともかく、ルバシカを作るなんて無理だ、とずっと思っていたのですが、ふとこんなページを見つけ、ここにそれらしい飾りをつければルバシカになるのでは、という気がしてきました。

縫い物は得意ではないので、取りかかるまでにかなりの気合が必要なのですが、今回は、思い立ったところでミシンを買い替えたこともあって、「スイッチが入った」ようです。Webで民族衣装のデザインをあれこれ見たり、材料に使えそうな刺繍テープを集めたりしているうちに、サラファンも作りたくなってしまい、2週間ほどで、ルバシカとサラファンのセットが完成しました。
CIMG2251_tr20.JPG
8月に行われた「ヨーロッパ言語文化論」集中講義で、民族衣装もテーマにされると伺ったので、乱入(?)して受講生に着てもらいました。ちなみに左はやなまち先生所蔵の男性用ルバシカ。


できばえはまずまずで満足していますが、ルバシカを何とかしたい、と思ったはずなのに、サラファンも増えてしまったので、ルバシカが必要だ、という状況は変わっていないのでした。一枚縫って要領がつかめましたし、買い込んだチロリアンテープもまだたくさんあるので、(スイッチが切れないうちに)あと1〜2枚縫いたい!と思っています。
posted by Nori at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 民族衣装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サケのピローグ

CIMG2233_tr.JPG
念願だった「ピローグ」に挑戦してみました。中身は入江麻木さんのレシピをほぼ踏襲しています。

材料(直径32cmの円形オーブン皿1枚分)
生地
強力粉 600g
ドライイースト 9〜10g
砂糖 大さじ4
塩 小さじ1
溶き卵 1個分
牛乳 約2C
バター 40g
中身
鮭(甘塩の切身) 12切れ(900g)
ワインまたは日本酒 大さじ3
たまねぎ(大) 11/2個
春雨 40g
固ゆで卵 2個
サラダ油 大さじ1
外側に塗るもの
溶き卵 少々

作り方
1.牛乳は人肌に温め、バターは室温に戻しておく。
2.ボウルに強力粉、ドライイースト、砂糖、塩、溶き卵、牛乳を入れて、へらで混ぜる。
3.生地がまとまってきたらバターを加え、手で練る。
4.生地がなめらかになったら丸めてボウルに入れ、発酵させる。ラップをして暖かいところに40〜50分ほど置くか、オーブンの発酵設定(40℃)に入れて30分ほど置く。
5.鮭は骨、皮、血合いなどを取り除き、3cm幅に切って白ワインを振り、約20分おく。味を見て、塩気が足りなければ塩を振る。
6.たまねぎは薄切りにして、サラダ油で茶色になるまで炒める。春雨は柔らかくゆで、水けをきってみじん切りにする。ゆで卵もみじん切りにする。
7.生地が倍くらいにふくらんだら、台に出して二つに切る。このとき、下にする方を少し大きめにする。麺棒でよく伸ばし、オーブン皿に敷く。
8.皿に敷いた生地に、春雨、たまねぎ、卵の1/2量と、汁けをきった鮭をぴっちり並べ、こしょうを振る。残りの卵、たまねぎ、春雨を平らに重ねる。残りの生地を伸ばしてかぶせ、つなぎ目をよく押さえ、はみ出したところを切り取る。
9.生地の切れ端を伸ばして魚や木の葉などの型で抜き、貼り付ける。ふきんをかけてしばらく休ませる。
10.上に溶き卵(分量外)を塗り、190℃のオーブンで45〜60分焼く。

ピロシキ(=小さいピローグ)はかなり作り慣れたつもりだったのですが、「ピローグ」には独特の難しさがありました。一番最初の挑戦では、器の選択を誤って、焼いている間にバレーボールのように盛り上がってしまい、味は悪くなかったものの、見た目はいま一つで、切るのも食べるのも一苦労でした。二度目に使ったオーブン皿はちょうどいいサイズだったようで、やっとピローグらしくなりました。次に作るときには、春雨をお米に変えてみようかと思っています。
posted by Nori at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | выпечка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする