2012年12月25日

市販のボルシチ

「ボルシチ」という名前で売られているものは、日本でも見かけなくはないですが、ただ赤いだけで味も香りもなくてがっかり、ということが多くて、あまり期待しないことにしていました。
ところが先日、イオン内のカルディでふと買った瓶入りのボルシチは、ちゃんとボルシチの味がしました。「東欧のグルメなスープ」という文句とか、ラトビア産というところは少し驚いたのですが、ビーツもしっかり入っていました。これならロシアの先生にもお勧めできる、と思い、買い足しに行ったときには、残念ながらすでに売り切れで、お店の人の話では、入荷が安定しない商品だそうで、次にいつ入るかわからない、注文も出せない、とのことでした。カルディはそれなりによく行くので、またいつか出会えるのではないかと期待しています。

borusiti.jpg

ネットでいろいろ調べたら、楽天でも買えそうなのですが、最低単位が24個ということなので・・賛同者が大勢集まったら注文するかもしれません。
posted by Nori at 15:47| Comment(1) | TrackBack(0) | первое | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【番外編】Японская кухня

ロシアで入手した日本料理の本です。どちらも、ハバロフスクの小さな本屋さんで買ったものだと思います。

maggi表紙_20.jpg maggi奥付.gif

2004年の出版です。30ページほどで、表紙以外にはお料理写真もほとんどない、地味な本です。書いてある通りに作ってみて「日本料理」ができるかどうか、とても興味があるのですが、まだ試したことはありません・・。

21世紀表紙_20.jpg 21世紀奥付_tr.jpg

こちらは2002年の出版。ハードカバーでカラー写真満載、豪華な本なのですが、「こんな日本料理あったかしら」と思うものが多いです。凝った割烹の創作料理、と言われれば納得しなくもないですが・・ロシアの方におすすめできるレシピはなさそうに思います。
posted by Nori at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭で作れるロシア料理

5124A3PEPAL._SL500_AA300_.jpg

一番よく使う本を挙げていませんでした。今日本で買えるロシア料理の本の中では決定版と言ってよいものだと思います。いろいろ作ってみましたが、どれもほとんど失敗なく、おいしくできます。ロシアの食をめぐるエッセイも読み応えがあります。
posted by Nori at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする